PROFILE
オンライン英語学習
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
PR
MOBILE
qrcode
OTHERS
 
洋画の英会話から、役に立たない(?)英語の台詞をハック・フィンがお届け。
Do you like English?
<< up to speed(事情をよく知っていて) | main | a lifetime supply of(一生分の) >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | - | - |
    give〜revenge(〜に報復の機会を与える)
    0
      revenge が「復讐」の意味なのは有名だけど、give〜revenge の目的語って、復讐する側の人か、される側の人か、どっちだと思う?

      実は、give を使うと、復讐する側の人が目的語だよ。

      「復讐する」と言いたいときは、take revenge とか take one's revenge。
      get revenge みたいに get を使っても「復讐する」の意味になる。

      なんだか、give と take が反対みたいな感じがするね。

      You mean to give them revenge.

      「彼らに報復させるつもりか」


      この台詞は、オリヴィエ・メガトン監督の『96時間/リベンジ』で聞ける。

      96時間/リベンジ [DVD]

      イングリッシュパーラー


      JUGEMテーマ:英会話
      | 映画の台詞 | 15:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 15:02 | - | - | - | - |









        http://huckeigo.jugem.jp/trackback/1914